着々と力をつける「サッカーシンガポール代表」

サッカーのシンガポール代表が、最近着々と力を付けているみたいですね。

サッカーっていまいちよくわかんないんですけど、この間たまたまシンガポール代表に関係する仕事があったんで、ちょっと記事を書いてみようと思っていろいろと調べてみました。

そもそも「サッカーシンガポール代表」っていうのが、いまいちどういった団体なのかよくわかんなかったんですが、どうやら「シンガポールサッカー協会」っていう教会によって編成されているナショナルチームのことみたいですね。アジアサッカー連盟と、ASEANサッカー連盟という連盟に所属しているそうです。

FIFAランキングは150位前後ということで、50位前後の日本からするとかなり格下のチームといえるんじゃないでしょうか?でも東南アジアの中ではタイと並ぶ強豪らしいですね。日本や韓国、オーストラリアなんかと比べると格下になってしまいますが、東南アジアサッカー選手権では4回も優勝してるそうです。

格下だ格下だとだいぶ失礼なこと言いましたが、先日のワールドカップ予選では日本はシンガポールに引き分けたらしいですね。しかも日本代表にとってホームになる埼玉スタジアム2002が会場だったのに。大番狂わせとだいぶ騒がれたらしいですけど。

それにしてもシンガポールって、東南アジアの数少ない先進国ですよね。マーライオンなんかで有名な観光大国ですし、経済もかなり発展しています。

そんなシンガポールならば、もっとサッカー強そうなもんだと思ったんです。フィジカル強そうだし、日本よりも強くてよさそうな。でもよく考えたらシンガポールって都市国家ですし、日本より小さい国なんですよね。人口も500万人ちょっとくらいしかいないようですし。

今は着々と力を付けているようですけど、今後はどうなんでしょうかね。これは私の勝手な先入観ですけど、なんか日本人より身体能力は高そうなんで、日本と同レベルか、それより少し強くなるかも、と思ってます。

Recommend Site

コメントを残す