先進国としては遅咲きか

先進国であり、しかも個人の平均所得も世界でトップレベル、そんなシンガポールがなぜ今までそれほどサッカーが強くなかったのか?その方が不思議です。日本と違って多民族国家だし、民族としての身体能力的なハンディも少ないでしょう。
シンガポールがなぜ今まで弱かったのか?なぜ今になって若獅子などと呼ばれているのか?なぜこんなに遅咲きなのか?その答えは、おそらく今までシンガポールがサッカーにそれほど力を入れていなかったからではないでしょうか?
同じような例としてアメリカがありますよね。経済、政治、軍事力、全てにおいて世界の王者ともいうべきアメリカは、スポーツというジャンルにおいても世界の王者と言えます。ほぼすべての競技でアメリカは世界トップクラスです。サッカー以外は。
たぶんサッカーも、アメリカが本気になればあっという間に世界トップクラスの実力をつけるでしょう。(まあ既に日本よりは強いそうですし。)そうしないのは政治的、経済的な理由もあるのかもしれませんが。

コメントを残す