若きスター「イズワン」他…

シンガポールの若きスター選手と言えば「モハメド・イズワン」です。たぶん。そこまでサッカー知らないのでよくわかんないです。すいません。でも、最近この名前はちらちら耳にしますよね。なんでもシンガポール代表のゴールキーパーで、その実力はまさに鉄壁だとか。少し調べてみました。
モハメド・イズワン選手の本名は「モハメド・イズワン・ビン・マハブド」だそうです。やっぱりあちらの名前は長いですね。国籍は当然シンガポール、生年月日は1990年7月14日、若いですね。身長は179センチメートル、体重は86キロメートルとのこと。写真を見た限りかなりスリムですが、じつはかなり痩せマッチョなのかもしれません。少なくとも肥満ではないでしょう。当たり前か。
彼はシンガポールFAでユースとしてキャリアを積んだそうです。(あ、私みたいなサッカー興味ない人間には「FA」とか言われても意味わからないんですよ。今回は調べてみたから「サッカー協会」って意味が分かったものの。常識みたいに専門用語使わないでほしいです。シンガポールサッカー協会でいいじゃないですか。)2008年にシンガポールのプロリーグである「Sリーグ」のヤング・ライオンズというチームに入団したそうです。2012年になるとシンガポール・ライオンズ12というチームに移籍し、2013年にはマレーシアサッカーリーグで優勝メンバーになったとのこと。うーん、これだけ見ても正直、すごさが分からない・・・。マレーシアとか、あまりサッカー強いイメージないし。
代表メンバーとしての経歴は、2010年に第3ゴールキーパーとして招集されたのが初めての参加だったそうです。アジアサッカー選手権だったそうですが、出場はできなかったそうですね。実際にデビューしたのは2011年の台湾との親善試合だったそうで、その翌年には正ゴールキーパーの座を獲得しているようです。・・・やはり、よくわからない。
でも実際、本当にすごいキーパーらしいですよ。

コメントを残す