選手たちの本職は別にある!?

とある掲示板に、こんな面白い書き込みが載ってました。「サッカーシンガポール代表の本職」という書き込みです。それによると、シンガポール代表のおよそ半数がプロサッカー選手で、残りの半数は副業でサッカーをやってるそうです。
正直、笑っちゃいました。これが本当なら、この人たちすごいですよね。そして日本代表は立場ないですよね。日本のプロリーグから選ばれた精鋭たちの実力は、シンガポールのプロアマ混合チームと同レベルということになっちゃいます。まあFIFAランキングこそ大差ついてますが、実際の試合ではこないだみたいなこともあるし。
興味深い彼らの「本職」ですが、弁護士、フリーガイド、飲食店経営、小学校の教師、棺の彫師、などかなり多彩なようで。消防団員みたいな肉体はを想像していたのですが、むしろ弁護士や経営者みたいなインテリ系の方が多いようですね。
それにしても弁護士でサッカーの国代表って、どれだけかっこいいんでしょうか?すごい人もいるものですね。

コメントを残す